金属アレルギーとは

 このページではペアリングと切っても切れない関係の
金属アレルギーについて解説していきます。
金属アレルギーとは何か、注意する事は何か参考になれば幸いです。

 

金属アレルギーはどの様にアレルギーになるのか

 

 金属類のアクセサリー類は長時間身につけますよね?

 

 リングの場合、指の皮膚に直接着ます。
長時間付け続けると、リングと皮膚の間に汗をかき、
その汗の中に含まれる酸によって金属のイオンが溶け出します。

 

このイオン化した金属が曲者なのです。
イオン化した金属が身体の中のタンパク質と結合し、
アレルギーの原因となります。

 

アレルギーは簡単に言いますと、
体内にある免疫によって攻撃する為アレルギーになります。

 

例えば風邪を引くと熱が出たりせきが出ますよね。
ウィルスを身体の外に排出する為に攻撃すると症状が出ます。

 

接触皮膚炎

 

 金属アレルギーかと思われる症状でも、実は接触皮膚炎なんて事があります。
ペアリング等のアクセサリーを不衛生にして長時間つけると、
皮膚が炎症するのですね。

 

 ペアリング等のアクセサリーは清潔にしましょう。
清潔と言っても過剰にアルコールをかけたりしてかぶれる場合もあります
必要以上にアルコールをかけたりしない事も大切です。

 

症状が出た時は

 

接触性皮膚炎は、アクセサリーを付けていた部分に症状が出るので、
分かりやすいと思います。
アクセサリーの使用を注意し、速やかに医師に見てもらいましょう。

 

 金属アレルギーについては、すぐに症状が出なかったり、
アクセサリーを付けていない身体の部分に症状が出たりします。
医師でも判断が難しいとされる症状です。

 

じんましんや水泡などの症状が身体に現れた場合は、
アクセサリーの使用を中止し、速やかに医師に診てもらいましょう。

 

 どちらの場合でも、必ず医師に診てもらいましょう

 

金属アレルギー対策は

 

 今までアクセサリーを付けていた方は、
「安いのは合わないな」とか心当たりはあると思います。

 

 一般的に言われている対策は、パッチテストをする ですね。
パッチテストとは病院で行う金属アレルギーのテストで、
金属を溶かした水溶液を、皮膚に垂らしてテストする方法です。

 

金属アレルギーのパッチテストを行っている病院で
調べたい金属の種類のパッチテストを行いましょう。

 

 

 

金属アレルギーを知らずに症状が出ていても、
アクセサリーを付けている人もいるようですが、大問題です。

 

自分に合わない金属をパッチテストで知り、
ペアリングなどのアクセサリーは清潔にする事が大切です。

 

 

 金属アレルギーについてブランドペアリング通販ショップのFiss フィスにも載っています。
合わせて読んでみてください。

 

Fiss フィス 金属アレルギーについてへはこちらから