ペアリングのDetailで選ぶ

ペアリングのDetail 細部で選ぶ

 ペアリング゙選びでの項目のひとつ、Detailについて解説していきます。

 

 まず、「Detail」の意味は、細部、細かい部分などの意味があります。

 

 どちらかと言うとデザインに関する事なのですが、
デザインと言うと、クロスだったり、ハートだったりを浮かべる人が
多いと思います。

 

 ここでは、もう一つのデザインとも言えるDetailについて解説していきます。

 

この項目は Fiss フィス のショップを参考にしました。

 

画像と名前

説明

光沢・・・磨いてある 表面がつるつるしている

表面がピカピカに磨いてある状態

マット・・・光沢のない つや消し

素材の表面がつや消しの状態

ライン・・・線 輪郭の線がある

ペアリングに線がデザインされている

シンプル・・・簡単な 扱いやすい 飾り気 無駄がない

多くデザインが施されているのではなく、無駄のないデザイン

ダイヤ・・・ダイヤモンド

ダイヤモンドの石が付いているペアリング

※画像クリックで対応したページへ行きます。

 

 

 実はこの項目は、マリッジリングのページにあったのですが、
ペアリングでも共通する項目です。

 

 

 デザインは派手なのがいいのか、シンプルがいいのか。

 

 光沢があった方がいいのか、つや消しがいいのか。

 

細かい部分かもしれませんが、知っておくだけで、
ペアリング選びの幅も広がります。

 

根本的なデザインとも言える

 

 このページの最初でも書いたとおり、
「Detail」の意味は、細部、細かい部分などの意味があります。

 

 確かに細かい部分かもしれないのですが、
知らずのうちに選んでいるとも言えます。

 

 「輝いていてキレイ」と思ったら、光沢になりますし、
「ペアリングにある線がシンプルすぎなくていい」と言えば、ラインになります。

 

 

 クロスのデザインがされていても、根本的なデザインは、
光沢だったり、マットだったりします。

 

 初めて見た時に、目に飛び込んでくるデザインは、
ペアリングに施された、石だったり、ハートだったり、
色(カラー)だったりしますよね。

 

 ペアリングその物の細部まで見ると、違う部分が見えたりします。

 

 私が思うには、○○仕上げにも似ていますが、
もうひとつのデザインとも言えると思います。

 

 

まとめとしまして

 

 一人一人、見た目のデザインの好みはもちろん違います。
ピカピカしている光沢のあるペアリングが好きだったり、
つや消しのペアリングが好きだったり。

 

または、デザインがペアリング全体にあるほうがいいか、
ワンポイントにデザインがあるシンプルなペアリングがいいか。

 

 

 ペアリング選びの項目のひとつとして、
「このデザインの項目もあるんだ」と参考になれば幸いです。