○○仕上げとは?

 ペアリングを探している時に、
○○仕上げという詳細を見た事ありませんか?

 

 見た目やコーティングにも関わる重要な仕上げだったりします。

 

代表的な○○仕上げを挙げて解説していきます。

 

鏡面仕上げとは

 鏡面の名の通り、カガミの様にリングの表面をピカピカにする
仕上げ方法です。

 

 耐水ペーパーやサンドペーパー等で徐々に
細かい目で磨いていくのですが、
最終的にはバフなどで磨き鏡面のようなピカピカの仕上げにします。。
この鏡面仕上げをした後にコーティングを施すと、
のりが良くなります。

 

 鏡面仕上げをするペアリング素材は、
シルバー、ステンレス、チタン、ゴールド、プラチナと
多くの素材の仕上げとして鏡面加工されています。

 

 シルバー製品は鏡面仕上げでピカピカにすると、
プラチナよりも輝きの良い素材
です。

 

シルバー製品 黒いぶし仕上げとは

 シルバー製品は手入れしないでおくと黒くくすんできます。
その黒ずみを人の手で施す仕上げ加工なのですね。

 

 ペアリングではメンズのペアリングに多い仕上げです。
黒いぶし仕上げされた部分を研磨剤入りのクロスで磨くと
取れてしまいます。

 

 彫刻部分に仕上げを施してあるデザインが多く、
彫刻部分をクロスで磨くのはNGです。
また、液体クリーナーなども黒いぶし部分がくすんでしまうので
やめましょう。

 

シルバー製品 白仕上げ

 シルバーの表面に硫酸などを用いて、
表面を荒らして、くすんだような仕上げになります。

 

 鏡面の様なピカピカではなく、柔らかい見た目にもなります。
この白仕上げはレディースのペアリングに多いです。

 

 白仕上げのお手入れ方法も、研磨剤入りクロスで磨いてしまうと、
白仕上げした部分が取れてしまうのでNGです。
一部の液体クリーナーは使用出来ます。

 

マット仕上げ

 つや消しの様な仕上げです。
鏡面仕上げの前の状態で、わざと細かいキズをつけたり、
サンドペーパーなどでキズを付ける方法など色々あるようです。

 

 白仕上げと見た目は似ているかもしれません。
お手入れ方法としては、やはり研磨剤入りクロスで磨くと
マット仕上げ部分を磨いてしまう事になるので、NGですね。

 

まとめとして

仕上げ方法

見た目

お手入れ方法

鏡面仕上げ

ピカピカ

素材に対応したクロス、クリーナーでお手入れ。

黒いぶし仕上げ

黒い

シルバー部分だけ磨く。黒いぶし部分は磨かない事。

白仕上げ

白い

シルバー部分だけ磨く。白仕上げ部分は磨かない事。

マット仕上げ

くすみ

シルバークリーナーか、柔らかい研磨剤入りクロスで優しく磨く。

 

 シルバー素材に施されている事が多いですね。
仕上げの種類は鏡面仕上げされているペアリングが圧倒的に多いです。
お手入れ的にもお手軽なのも鏡面仕上げですね。

 

 それぞれ特徴のある仕上げ方法はお手入れ方法を知る事で、
大切なペアリングも長く着ける事が出来ます。
特殊な仕上げをされたペアリングやアクセサリーは
その部分を磨かないorゴシゴシ磨かない事が大切ですね。

 

上記の仕上げ方法の中でピックアップして紹介します。
当サイトおすすめ通販ショップの中のひとつ、
white clover(ホワイトクローバー)の
メンズ黒いぶし仕上げとレディース白仕上げのペアリングです。

 




white clover×MILES クロスペアリングのページはこちらから

ショップペアリングランキング3位にもランクインしている大人気ペアリングです。
黒いぶし仕上げと白仕上げはこの色合いになります。