プラチナ素材について

 プラチナと言えばペアリングでもありますが、
ペアリングよりも特にマリッジリング、エンゲージリングで
メジャーな素材です。

 

 ここではプラチナの特徴などを解説していきます。

 

プラチナとは

 

 金よりも希少価値のある金属で、
元素記号PTで白金(はっきん)で、英語表記はplatinum

 

 日本ではプラチナで広まっています。
「白金のマリッジリング」 との表記は見たことないです。

 

 

指輪に使用される代表的なプラチナ

 

 プラチナの純度は1,000分率で表わされています。

 

 日本では、プラチナジュエリーと表記できるのは
Pt850以上になります。

 

 国際基準ではPt950以上がプラチナジュエリーになります。

 

下記でプラチナの純度表記を図にしました。

 

プラチナの表記

純度 ‰(パーミル)

純度 %(パーセント)

純プラチナ

Pt999

999‰

99.9%

Pt950

950‰

95%

Pt900

900‰

90%

Pt850

850‰

85%

‰(パーミル)・・・千分率
%(パーセント)・・・百分率

 

 プラチナのリングにはほぼリングの中に Pt○○○ と刻印が入ります。
入らない物は世界にひとつの一点物などには入らない、入れない
場合もありますので、ここでは、ほぼ入ると表記しています。

 

 

プラチナの特徴

 

 希少、永遠を象徴する金属です。

 

 また、プラチナは柔らかい金属でもあります。

 

 その中でも、純プラチナは非常に柔らかく、
国産ブランドのリングではパラジウムやルテニウムなどを混ぜた
Pt900のリングが多いです。

 

 パラジウム、ルテニウムは同じ白金族の金属です。

 

 純プラチナの指輪もありますが、強度は低いです。
拍手強くすると指輪が変形する事があるほど柔らかいです。

 

 純度が高いほど金属アレルギーになりにくいです。
純プラチナは通常の酸では解けないので、
純度が高いほど 酸に強い=金属が溶けにくい です。

 

 

 プラチナは柔らかい金属で強度の期待度は低いです。
プラチナのリングを選ぶのであれば、
細い物だと変形する可能性がある事を知っておいて下さい。

 

 それと同時にg数で値段も変わってきます。

 

 

当サイトおすすめ通販ショップのプラチナリング

 

 プラチナリングで刻印の自由度が高いFISS フィスを抜粋しました。

 

正直プラチナのリングの値段が他の金属素材より高価です。
「ペアリング欲しいな」と買うのではなく、
婚約指輪、結婚指輪として購入や、
本当に特別な日での購入になると思います。

 

プラチナの雰囲気はこういうのかと感じてもらえれば幸いです。

 

Fiss フィス プラチナペアリングのページはこちらから