シルバー925について

 ペアリングを探している方は、
素材がシルバー925なのを見かけていると思います。

 

 シルバーは銀ですが925って何だと考えて事ありませんか?
今回の記事はシルバー925+αについて解説していきます。

 

 

シルバー925とは

 

 シルバー925とは92.5%が銀で、残り7.5%が銅などの素材になります。
スターリングシルバーとも呼ばれています。
他にはシルバー950がありますが、こちらは95.0%が銀になります。

 

 色が変わりにくい(流化しにくい)銀合金と言われています。

 

 1000分率‰(パーミル)の表記で表わされているので、
シルバー92.5とはならずシルバー925になります。

 

 他にSV925と表記があります。

 

なぜ他の素材を混ぜてしまうの?

 

 シルバーのみの素材だと、
柔らかくペアリングなどのアクセサリーに不向きな素材でもあります。
銅などを混ぜて強度を上げる目的があります。

 

 強度を上げて加工しやすくするのですね。

 

100%純銀はあるのか?

 

 純銀、シルバー1000は、99.8%以上の銀の事を読んでいます。
残りの0.02%は何?と思うでしょう。

 

限りなく銀に近いのですがやはり天然素材でもあるので、
不純物が混ざってしまうのですね。

 

 純銀は、人の手によって他の金属を混ぜない、
純度99.8パーセントの物を純銀と呼んでいます。

 

また、ピュアシルバーと呼ばれています。

 

純銀のペアリングはあるのか

 

 結論を言いますとあります。

 

しかし加工技術や純度が上がるので、値段も上がる場合が有ります。
そして柔らかいので、キズが付き易く、変形の可能性が高いです。
またシルバー925よりも手入れが非常に大切になります。

 

 メリットは純銀、ピュアシルバーは金属アレルギーの心配が
非常に少なく、非常に輝きのある綺麗な銀になります。

 

シルバーは錆びる?

 

 シルバー925は使用して、
手入れをしないで放っておくと、色が変わります。

 

これは錆びではなく、硫化して変色した状態になります。
硫化したシルバー925はジュエリー、シルバー用のクロスで磨くか、
専用クリーナーで綺麗になります。

 

 また保管時には、ペアリングを袋に入れたり、ラップに包んで
空気を抜いて保管しましょう

 

 

 強度を考慮してシルバー925はアクセサリーに最適な銀合金です。
シルバー925の変色についてですが、汚れがなぁ・・・と思うかもしれませんが、
硫化変色してお手入れするのもシルバー925の醍醐味です。

 

 ペアリングのシルバー925製品でも、
正しいお手入れをして磨けば、少々の傷も消えたり、
新品の輝きになりますよ♪

 

 

当サイトおすすめ通販ショップのシルバーペアリングお手入れページ

 

お手入れ方法が載っています。合わせて読んでみてください。

 

THE KISS 素材別お手入れ

 

white clover(ホワイトクローバー) シルバーお手入れ

 

Fiss フィス シルバーアクセサリーのお手入れ方法