タングステン素材について

 ペアリングやアクセサリーを探している方は、
聞いたことがあるタングステン。

 

 聞きなれない素材でもありますが、
ペアリング素材でも使用されているタングステンを、
ここでは解説していきます。

 

 

タングステンとは

 

 タングステンとは、レアメタル(希少金属)の1種で、
超硬素材として使用されている金属です。
スウェーデン語で「重い石」の意味でもあります。

 

 超硬素材とは、その名の通りものすごい硬い素材で、
硬さの表記が10のダイヤモンドに次いで、
9のレベルの硬さがある金属
ですね。

 

 

タングステンの特徴

 

 強度が高い、キズが付きにくい、変色しない
金属アレルギーの心配が少ない
の特徴があります。

 

 ステンレス素材と似ている部分がありますが、
何より超硬素材でダイヤモンドに次ぐ硬さなので、
ステンレス以上の強度が有ります。

 

 

ペアリングの素材としてのタングステン

 

 上記の特徴でも挙げたのですが、
強度が高い、キズが付きにくい、変色しない
金属アレルギーの心配が少ないとメリットが反面、
強度が高い為に、加工が難しい為か
ペアリングの種類が少なめに感じます。

 

 タングステン素材でお気に入りのペアリングがあれば、
お手入れの面でも、アレルギーの面でも
おすすめ出来る素材でもあります。

 

 

 

当サイトおすすめ通販ショップのタングステンペアリング

 

Fiss フィス タングステンページも掲載しておきます。
商品数が少ないですが、タングステンのペアリングはどんな物か、
覗いてみてください。

 

Fiss フィス タングステンペアリングのページ